2016年度調剤報酬改定では、薬剤師が行う在宅患者訪問薬剤管理指導を促すため、実績に応じた評価を拡大する方針だ。

ログインして全文を読む