厚生労働省は2016年2月1日付けで、要指導医薬品に区分されていたセチリジン塩酸塩を、第1類医薬品に移行することを告示した。これにより、ストナリニZ(佐藤製薬)、コンタック鼻炎Z(グラクソ・スミスクライン)はインターネットなどによる特定販売が可能となった。

ログインして全文を読む