2016年度調剤報酬改定では、大手チェーン薬局に属する門前薬局に対して厳しい評価となりそうだ。1月27日に中医協で示された個別改定項目のたたき台によると、大手チェーン薬局で集中率が極めて高い、いわゆる大型門前薬局や、大手チェーン薬局で特定の医療機関と不動産の賃貸借関係のある薬局については、調剤基本料の評価を見直す。大手チェーン薬局は、「同一法人グループ内の処方箋受付回数の合計が1月に一定回数を超える法人グループ」と定義されている。

ログインして全文を読む