1月27日の中医協では、2016年調剤報酬改定の個別改定項目のたたき台が示され、薬局における対人業務の評価を充実させる方針も示された。具体的には、薬剤服用歴管理指導料に関して、初回来局時の点数より、2回目以降の来局時の点数を低くし、同じ薬局に繰り返し来局すれば患者の自己負担が少なくなるようにする。ただし、お薬手帳を持参していない患者や、調剤基本料の特例の対象となる薬局に処方箋を持参した患者に対しては、来局回数に関わらず初回来局時と同一の点数を算定することとする。

ログインして全文を読む