2015年12月21日、2016年度診療報酬改定の改定率が決定された。塩崎恭久厚生労働相と麻生太郎財務相の大臣折衝が行われ、診療報酬本体は0.49%(医療費ベースで2100億円)引き上げることで合意。薬価については1.22%引き下げ、医療材料は0.11%引き下げる。調剤は+0.17%、医科+0.56%、歯科+0.61%となり、医科、歯科、調剤の配分1:1.1:0.3は堅持された。全体(ネット)では、薬価の市場拡大再算定の見直しによる-0.19%を含めると-1.03%、含めない場合は-0.84%と、いずれもマイナス。実質的には2回連続の引き下げとなった。

調剤の改定率は+0.17%で決着の画像

ログインして全文を読む