2015年11月19日に開かれた社会保障審議会医療部会の第42回会合で、16年度診療報酬改定の基本方針について議論が行われた。調剤報酬の見直しに関しては、院内処方と院外処方で患者負担が異なることに対する要望などが委員から寄せられた。また、多剤投与の是正について基本方針に明記するかどうかで、委員の意見が分かれる形となった。

ログインして全文を読む