保険薬局経営者連合会(薬経連)のシンクタンク機関である薬事政策研究所は11月13日、財務省が提案した調剤報酬の引き下げ試案が実行された場合、同会会員薬局において、調剤報酬が最大で21%の減収になるとのシミュレーション結果を発表した。

財務省試案で調剤報酬が最大21%減収の画像

ログインして全文を読む