2015年11月6日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、厚生労働省は、後発医薬品使用促進のための施策案を複数提案した(表)。後発医薬品調剤体制加算などの算定要件の見直しや、後発品を銘柄指定する場合に理由の記載を求めるなどの案が出されたが、診療側委員からは医師の負担増や処方権を守る観点から反対の声が上がった。

ログインして全文を読む