財務省の財政制度等審議会財政制度分科会は2015年10月30日、2016年度診療報酬改定に向けて、調剤報酬や薬価の見直しに関する改革案を示した。調剤報酬については、保険薬局の果たすべき役割を踏まえて、「ゼロベースでの構造的見直し」の必要性があるとし、調剤報酬全体の引き下げをはじめ、調剤基本料の「特例」の対象拡充と点数の引き下げ、後発医薬品調剤体制加算の要件の厳格化と点数の引き下げ、後発品の数量シェアが低い薬局への減算措置の導入などを求めた。

財務省、調剤基本料の「特例」拡大・点数引き下げを要望の画像

ログインして全文を読む