日本保険薬局協会(NPhA)の電子お薬手帳「お薬情報玉手箱」と、ポケットファーマシー販売(東京都中央区)の電子お薬手帳「ポケットファーマシー」を連携させるための実証実験が、2016年から栃木県で開始される。一つの電子お薬手帳で患者の服用歴を一覧できるようにする試みで、電子お薬手帳の課題となっていた情報の分散化を解消させ、相互閲覧による利便性を高めるのが狙い。

電子お薬手帳のデータ相互閲覧、実験的に開始の画像

ログインして全文を読む