厚生労働省は2015年10月23日、患者本位の医薬分業の実現に向けて、かかりつけ薬剤師・薬局の今後の姿を示すとともに、中長期的視野に立った薬局再編の道筋を提示した「患者のための薬局ビジョン 〜『門前』から『かかりつけ』、そして『地域』へ〜」を発表した。

厚労省、「患者のための薬局ビジョン」を公表の画像

ログインして全文を読む