薬剤師法は、「処方箋の内容に疑わしい点があるときは、処方箋を発行した医師に確認した後でなければ、調剤してはならない」とする。疑義照会は薬剤師にとって重要な業務の1つであり、疑義照会の義務に違反すれば、罰金すら科されることになっている。では、疑義照会を受ける側の医師は、薬局薬剤師からの疑義照会をどう受け止めているのだろうか。

疑義照会を受けて「良かった」は4分の3の画像

ログインして全文を読む