2015年12月9日(水)〜11日(金)、第36回日本臨床薬理学会学術総会が東京都新宿区の京王プラザホテルで開催される。学術総会の会長を務める明治薬科大学薬物治療学教室教授の越前宏俊氏は、「ぜひ薬局に勤務する薬剤師も参加してほしい」と呼び掛ける。同学会の目指すところや、学術総会の見どころについて、越前氏に話を聞いた。(インタビュー収録は10月9日)

「薬局薬剤師は臨床薬理学の重要な担い手」の画像

ログインして全文を読む