厚生労働省医薬食品局安全対策課は9月16日、消費者庁が一般向けに行った、高齢者の誤飲・誤食事故への注意喚起について、内容に内服薬を誤飲した事例が含まれていることから、日本薬剤師会などの関係機関に対しても、今後の取り組みの参考にするよう情報提供を行った。

ログインして全文を読む