医薬品医療機器総合機構(PMDA)は9月15日、ナトリウム・グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害薬について、添付文書に「敗血症」および「ケトアシドーシス」に関する注意喚起を追加するよう、製薬会社に改訂を指示した。いずれも、国内症例が集積したことによる。

SGLT2阻害薬の重大な副作用に敗血症追加の画像

ログインして全文を読む