8月30日から9月5日までは防災週間。防災訓練や、防災グッズの整備・再確認などを行う薬局もあるだろう。そんな中、災害時の備えの一つとして、薬局のBCP(事業継続計画)作成を呼び掛けているのは、東京都と神奈川県に9軒の保険薬局を展開する田無薬品(東京都西東京市)代表取締役社長の伊集院一成氏。同氏は今年4月、薬局や地域薬剤師会へのBCP作成支援などを行う株式会社実務薬学総合研究所を立ち上げ、BCPの啓発と普及に力を入れている。

「『地域で信頼される薬局』にBCPは不可欠」の画像

ログインして全文を読む