厚生労働省の肝炎治療戦略会議(座長:関西労災病院病院長の林紀夫氏)は、8月27日に第15回の会合を開いた。C型慢性肝炎治療薬のハーボニー配合錠(一般名レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル)が8月31日に薬価収載されることを踏まえたもの(関連記事「C型肝炎治療配合剤ハーボニーの薬価は1錠8万円」)。同配合錠を肝炎治療特別促進事業における医療費助成の対象とするかなどについて話し合われ、対象とすることが了承された。

ログインして全文を読む