厚生労働省の「健康情報拠点薬局(仮称)のあり方に関する検討会」(座長:昭和薬科大学学長の西島正弘氏)は、8月26日に第5回目の会合を開いた。今回は、「健康づくり支援薬局(仮称)」の要件案が事務局より提示され、OTC薬を含めた服薬情報の一元的管理や24時間対応、開局時間、薬剤師の研修などについて議論が行われた。

支援薬局の具体的な要件案が明らかにの画像

ログインして全文を読む