大阪府保険医協会は2015年7月30日、都内で記者懇談会を開き、医療費抑制の一環としてOTC薬を使ったセルフメディケーションを安易に進めることに反対する見解を示した。同協会は同日、厚生労働省の担当者らに非公式で面会し、反対意見について申し入れを行ったという。

「セルフメディケーションは安易過ぎて危険」の画像

ログインして全文を読む