中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会は7月22日、分割調剤の見直しや、一定期間内に繰り返し使える「リフィル処方箋」の導入について検討する方針を了承した。残薬問題の解消のため、2016年診療報酬改定に向けて中医協総会で議論する。

リフィル処方箋の導入、中医協で検討への画像

ログインして全文を読む