日本ジェネリック医薬品学会は2015年7月1日、後発医薬品の使用促進のための提言をウェブサイト上で公表した。後発品の使用目標を20年度末までに80%以上とするほか、16年調剤報酬改定において後発医薬品調剤体制の評価を見直したり、品質に関する情報提供への評価を導入したりすべきとの考えを示した。

ログインして全文を読む