政府は2015年6月30日、「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針)、「規制改革実施計画」、「日本再興戦略 改訂2015」(成長戦略)を閣議決定した。骨太の方針では、歳出改革の重点分野の一つとして社会保障を掲げている。中でも、「薬価・調剤等の診療報酬および医薬品等に係る改革」として、後発医薬品の使用目標の引き上げ、薬価改定頻度の見直しのほか、調剤技術料や薬学管理料の見直しなどが挙げられている。

骨太の方針、規制改革実施計画が閣議決定の画像

ログインして全文を読む