厚生労働省は5月29日、薬事・食品衛生審議会要指導・一般用医薬品部会(OTC部会)を開催し、医療用医薬品のスイッチOTCへの転用を検討する際の新しい評価スキームとして、消費者や産業界、医療現場などの声を広く反映するための新しい会議体や募集方法を設ける考えを明らかにした。

スイッチOTC化の新しい検討方式導入への画像

ログインして全文を読む