ツルハホールディングス(本社:札幌市東区)は2015年5月25日、子会社であるくすりの福太郎(本社:千葉県鎌ケ谷市)で発覚した、不適切な薬歴管理とそれに関連する調剤報酬の不正請求に関して、原因と対策を含めた最終報告書をまとめ、厚生労働省に提出したと発表した。同社は最終的に、41万7125件が調剤報酬の不正請求に当たると判断し、薬剤服用歴管理指導料1億7102万1250円を自主返還することを決めた。

ログインして全文を読む