行政改革推進会議の歳出改革ワーキンググループ重要課題検証サブ・グループ(SG)は2015年5月21日の会合で、後発医薬品の普及の現状や今後の課題について、日本医師会、日本ジェネリック製薬協会、国際医療福祉大学大学院教授の武藤正樹氏へのヒアリングを行った。日医からは、副会長の今村聡氏が出席。今村氏は、「医師の間では後発品の品質などへの不安があり、更なる使用促進のためにはそれらを解消することが必要」と強調した。

ログインして全文を読む