厚生労働省は、5月21日、規制改革会議健康・医療ワーキンググループに、かかりつけ薬局を増やすため、調剤報酬を次期改定以降、抜本的に見直す方針であることを報告した。今後、中央社会保険医療協議会で具体的に検討する予定という。

かかりつけ薬局推進のため調剤報酬見直しへの画像

ログインして全文を読む