政府の行政改革推進会議は、医薬品にかかる国民負担の軽減を図るため、後発医薬品の使用を促進する方策について本格的な議論を始めた。関係省庁や業界団体などへのヒアリングを行い、6月に中間取りまとめを行うことを目指す。「骨太の方針」に反映されれば、次期診療報酬改定にも影響する可能性があり、今後の審議の行方が注目される。

行政改革推進会議、後発品普及策の審議に本腰の画像

ログインして全文を読む