中央社会保険医療協議会は2015年5月13日に開催した総会で、新しい作用機序のC型慢性肝炎治療薬であるソホスブビル(商品名ソバルディ)の薬価収載を承認した。薬価はテラプレビル(テラビック)、ペグインターフェロン アルファ2b(ペグイントロン)、リバビリン(レベトール)の1日薬価を基に決められ、400mg錠が6万1799.30円となった。5月20日に薬価収載される予定。

新機序C型肝炎治療薬ソホスブビルの薬価決定の画像

ログインして全文を読む