厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は、4月28日、セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬デュロキセチン塩酸塩(商品名サインバルタ)の適応に、「線維筋痛症に伴う疼痛」を追加することを了承した。早ければ5月末にも承認され、添付文書も改訂される。

デュロキセチンが線維筋痛症の疼痛に適応拡大の画像

ログインして全文を読む