日本チェーンドラッグストア協会(会長:龍生堂本店代表取締役社長の関口信行氏)は2015年4月28日、「不適切な薬歴管理の再発防止に関する宣言」を出し、同協会のウェブサイトに掲載した。今年2月に発覚した薬歴未記載問題に関して、国民や行政・業界の関係者に対して謝罪するとともに、具体的な再発防止策を提示。「業界を挙げて適切な薬歴管理の徹底に努めていく」と宣言した。

ログインして全文を読む