厚生労働省は2015年3月27日、第100回薬剤師国家試験(2月28日、3月1日実施)の合格発表を行った。受験者数1万4316人に対して合格者は9044人で、合格率は63.17%だった。合格率が過去最低の60.84%だった第99回に比べ、2.33ポイント上がったが、補正対象問題が11問に上ったことも関係する。今回の薬剤師国家試験の結果をどう見るか、大手薬剤師国家試験予備校として知られる学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール学長である木暮喜久子氏に聞いた。

ログインして全文を読む