日本保険薬局協会(NPhA)が2015年1〜2月に会員薬局2266軒を対象に実施した調査の結果、「処方箋40枚当たり1人」という現行の薬剤師配置基準について、「現行で問題ない」と考える薬局が40.0%を占めた一方、「制限枚数を減らすべき」と考える薬局が36.9%に上ることが分かった。

ログインして全文を読む