経済産業省は2015年3月13日、「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」の報告書を取りまとめ、ドラッグストア業界に向けた10の提言を行った。提言には、消費者のセルフメディケーションに対する理解の醸成や専門人材の育成、情報提供の充実や、その前提となる検査などのサービスの充実といった内容が盛り込まれている。

経産省がドラッグストア業界向けに提言の画像

ログインして全文を読む