3月12日に行われた規制改革会議の公開ディスカッションでは、関係団体のプレゼンテーションの後、討論が行われた。構造的独立規制の在り方や、院外処方のコストとメリットについて、それぞれの立場から意見が交わされたものの、結論や方向性は導き出されなかった。

ログインして全文を読む