日本ジェネリック製薬協会は1月29日、2014年度第2四半期(7月〜9月)の後発医薬品のシェア分析の結果、数量シェア(新指標)で51.3%となり、初めて50%を超えたと発表した。

後発品の数量シェア、初の50%超えの画像

ログインして全文を読む