厚生労働省医薬食品局安全対策課は1月22日、解熱鎮痛薬のロキソニンS(ロキソプロフェンナトリウム水和物、第1類医薬品)について、添付文書や外箱の記載の整備を要請する事務連絡を、日本製薬団体連合会安全性委員会に発出した。

ログインして全文を読む