厚生労働省が、保険薬局の構造的な独立性について、フェンスうんぬんではなく総合的に判断すべきとの見解を示していたことが、このほど明らかになった。総務省からのあっせんに応えたもので、昨年12月25日、厚生労働省保険局医療課が各地方厚生(支)局に対して事務連絡を行っていた。

フェンスうんぬんではなく、総合的判断をの画像

ログインして全文を読む