厚生労働省は、2015年1月8日、製造販売後調査の終了に伴うリスク区分の検討を行い、一般用第1類医薬品の鼻炎用点鼻薬のオキシメタゾリン塩酸塩(商品名ナシビンMスプレー)を第2類医薬品に変更することを了承した。同時に検討された膣カンジダ再発治療薬クロトリマゾール(エンペシドL)は第1類に据え置かれることとなった。これは薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会で審議されたもの。どちらも既存の類薬と同じリスク区分となった。

鼻炎用点鼻薬ナシビンMスプレーが第2類にの画像

ログインして全文を読む