ファーサス(茨城県つくば市、山口洋介社長)は2014年12月16日、処方箋をスマホで撮影し、薬局に前もって送信することで、患者の待ち時間を減らすサービス、空飛ぶ処方せんβ版をリリースしたと発表した。

ファーサス、薬局向け処方箋送信サービスを開始の画像

ログインして全文を読む