厚生労働省は12月11日、新たに薬価基準に収載される後発品を告示した。今回初めて収載される新規の後発品は、プラチナ系抗癌剤のオキサリプラチン(先発品の商品名エルプラット)と、好中球エラスターゼ阻害薬のシベレスタットナトリウム水和物(エラスポール)の2成分で、新たに収載される医薬品の品目数は内用薬390品目、注射薬99品目、外用薬32品目。

後発品2成分が初収載の画像

ログインして全文を読む