くすりの適正使用協議会(東京都中央区、理事長:黒川達夫氏)が薬剤師を対象に実施した調査によると、外国人患者への対応に不安を感じる薬剤師が全体の88%に上ることが分かった。同会は英語版「くすりのしおり」を作成・提供しており、その活用を呼びかけている。

約9割の薬剤師が外国人への対応に「不安」の画像

ログインして全文を読む