日本保険薬局協会(NPhA)は2014年11月13日までに、14年の診療報酬改定で導入された「未妥結減算制度」の運用法や、制度そのものを見直すよう厚生労働省に要望したことを明らかにした。14年10月に実施した会員法人対象のアンケートで、制度の運用改善や廃止を求める自由意見が多数寄せられたことを受けた対応。

「未妥結減算制度の見直しを」の画像

ログインして全文を読む