財務省は、2014年10月27日の財政制度等審議会財政制度分科会で、生活保護制度の見直しの一環として、後発品をベースとして医療扶助基準を設定することを提案した。

ログインして全文を読む