厚生労働科学研究班は、2014年10月22日に開催された第7回臨床研究に係る制度の在り方に関する検討会で、「医療用医薬品の広告の在り方の見直しに関する提言」を発表した。臨床研究の結果を広告に利用する場合の基本的な考え方と、広告の審査・監視指導の在り方についてのこれまでの検討を取りまとめた結果だ。

ログインして全文を読む