マロン薬局などを展開するまろん(東京都八王子市)は、全国の医科・歯科・薬局の医療機関約22万件の医療機関コードなどのデータをデータベース化し、2013年12月から無料公開している。その利用者を調べたところ、地方自治体の社会福祉等担当局が最も多かったことが分かった。10月12日に開催された第47回日本薬剤師会学術大会で同社の柴田康次氏が発表した。

ログインして全文を読む