「後発医薬品であることを知らなかった」「薬効が違う薬剤を後発品であると思い込んだ」――。医療者の後発品に関する知識不足により、適切な薬物療法がなされなかった事例がこの約10年間で7件報告されたことが明らかになった。詳細は、9月26日に日本医療評価機構が公表した「医療事故情報収集等事業第38回報告書」に掲載された。

ログインして全文を読む