厚生労働省は2014年9月12日、一般用医薬品の第1類医薬品と指定第2類医薬品の指定の一部を改正することについて官報告示した。9月15日からオキシコナゾール(ただし、膣カンジダ治療薬に限る)が第1類医薬品に、12月7日からベクロメタゾンプロピオン酸エステルが指定第2類医薬品となる。

ログインして全文を読む