2014年9月2日から、子宮内にレボノルゲストレルを持続的に放出する器具(医療用医薬品、商品名ミレーナ)の月経困難症に対する使用が保険診療で行えるようになった。同日までに公知申請の事前評価が終了したことを受けた措置。

ログインして全文を読む