厚生労働省は2014年8月29日、抗てんかん薬のラモトリギン(商品名ラミクタール)について、成人患者への単剤使用を追加承認した。追加された効能は「成人てんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)および強直間代発作に対する単剤療法」。単剤使用が可能になったのは、06年以降に承認された新規抗てんかん薬4剤で初めて。

ログインして全文を読む