日本調剤は2014年8月1日、同社の薬局全体における後発医薬品使用割合(数量ベース)が70%に到達したと発表した。それによると、4月時点で63.8%と、既に厚生労働省が目標に掲げている60%は超えていたが、その後も順調に使用割合は増加し、7月には70.0%に達した。

ログインして全文を読む